ルームメイト物語3。

はじめから2年の契約で延長不可というのは分かっていたのですが、本当に悲しかったです。

語学留学をされた方なら分かると思うのですが、同性の友だちを得るのって本当に難しいんです。

なので私は5年近くもフランスにいましたがフランス人の気の置けない同性友だちは居ませんでした。

(ロシア人、台湾人、韓国人の友だちはいました)

何気ない毎日でしたが今思うと「おくれて来た青春」だったんだな〜と思います。

2年間衝突する事も、嫌な感じになることも一度も無く、ただただ平和で笑って過ごしました。

これは恐らくH嬢の性格はもちろん、私たちの生活の時間帯が若干ずれていたのも良かったのかなと。私は朝型、H嬢は夜型で、休日も微妙にずれていたし。

あと基本的には干渉し合わなかったし、でも最低限のマナーは守ってくれていたし。

例えば夜遅くなる時はきちんと連絡をくれたりとか。こういったちょっとした心遣いができる人って以外といないんですよね。

だからH嬢に出会えた事は本当に、本当に幸運でした。

続く。

Chez Bonnet

帽子をかぶった猫のいる暮らしの話。vol.3

0コメント

  • 1000 / 1000