ゲ☆の処理の仕方。

最近またよくゲロするのですが、去年の冬から「ミニバケツ」を導入するようにしてから劇的に処理が楽になったので描いてみました。

なんの工夫もありませんが、「ゲッゲッ」音が聞こえて来たら速攻で現場にバケツ持参で駆けつけます。猫の場合嗚咽→ゲロに至まで結構時間があるのでたいてい間に合います。

そこで吐くであろう位置にバケツを用意してキャッチ。そして猫は3回は吐くので猫のリズムに合わせてキャッチします。(私、何書いてんのかしら。。。)

受け止めきれなかったものはティッシュで拾い、あとは重曹+ヒバオイルの入った特製スプレーで消臭&除菌すれば完了です。

この重曹+ヒバスプレーは布類に吐かれた後の処理にも効果的なのでお勧めします。

以上、ロクちゃんのゲロのお話でした。

あ、これは自分が居る時限定の処置方法なので留守中はもう諦めてます。あしからず。

Chez Bonnet

帽子をかぶった猫のいる暮らしの話。vol.3

0コメント

  • 1000 / 1000